内観にこだわる

住まいを探す際、内観にこだわるという人は少なくありません。誰もが素敵だと思われる物件に住みたいと思うものです。そこで人気を集めているのがデザイナーズマンションとなっており、デザイナーや物件によって造りが違ってきますが、オシャレな家に住むことができるでしょう。また、デザイナーズマンションは何も購入する必要もなく賃貸物件として利用することができるので、誰でも気軽に住むことが可能です。

賃貸と購入のメリット・デメリット

賃貸利用

賃貸物件の場合、月々決められた家賃を支払うことで住み続けることができる他、引越しなどに柔軟に対応することができます。しかし、賃貸物件の場合は自身の物件になるわけではないので資産として残すことはできません。

購入する

物件購入の場合はローンを組んで長年支払い続ける必要がありますが、マイホームとなるため資産として残すことができます。しかし、転勤になった場合などは賃貸と違い柔軟性がないので転勤が多い人には向いていないと言えるでしょう。

デザイナーズマンションの魅力

マンション

デザイナーズマンションは名前の通り、デザインにこだわった家になるので見た目的な満足度が高い家になるでしょう。また、見た目だけでなくデザイナーズマンションによってはクロスやボードを使用しないところもあり、使用しないことによってリフォーム工事を省くことができます。入居者がリフォーム工事費用を支払う費用もなくなるので退居時に支払う費用も安く抑えることができるのです。その他にも、内装はそのままでも十分にオシャレですがインテリアにマッチさせやすい内装であるため、インテリア選びによってよりオシャレな内観に仕上げることができます。また、マンションと言えば所謂、集合住宅になっているので上下左右の階層に他の住人もおり、住人トラブルなどを気にする人も少なくありません。ですが、デザイナーズマンションは通常のマンションに比べて賃料が少し高めとなっているので優良な住人がほとんどだと言えるでしょう。そのため、住人トラブルなども少ないと考えられます。

賃料が安いところもある

デザイナーズマンションは高いというイメージから、賃貸物件を選ぶ際デザイナーズマンションを避ける人も多いもの。しかし、エリアによって賃料は異なりますし大幅に割高ということもありません。例えば平均的な賃料が1LDKで6万円のところだとデザイナーズマンションの賃料は1LDKで7万円~8万円のところもあります。あまり大差はないので、デザイナーズマンションでも気軽に利用することができるでしょう。しかし、同じ建物でも専有面積によって賃料は違ってくるので、事前に確認しておくことが大切です。

契約前に内観をチェックしておこう

デザイナーズマンションで安いからといって安易に決めてしまうと失敗してしまうこともあります。なぜなら、デザイナーズマンションには定義がほとんどないと言えるからです。例えばちょっと変わった内装や外装の物件であった場合でも不動産会社がデザイナーズマンションと言えばデザイナーズマンションになります。ですから、内観にしっかりとこだわりたいという人は必ず内見をして確認することが大切です。